探偵は吹雪の果てに/東直己

2013/05/09 07:38
探偵は吹雪の果てに (ハヤカワ・ミステリーワールド)探偵は吹雪の果てに (ハヤカワ・ミステリーワールド)
(2001/12)
東 直己

商品詳細を見る

はいっ「探偵はバーにいる」などのススキノハードボイルドシリーズ
適当に手に取ったので何作目かはわかりません。

やっぱりこのシリーズはいいなぁ。
主人公バカだし
ハードボイルドでこれだけ素直に笑える作品はないよ。

今回は主人公の過去と過去の女がかかわってくるのでちょっと切なさもありつつ、田舎町の政治事情とか面白かったです。あながち嘘じゃあるまい(と思える)


ところで先日
「もし私が小説家になれたとしたら伊坂先生みたいな文章を書きたいなぁ」
といいましたが、それは本心ですが、実際に私が小説家になったら
東先生とそっくりの文章になる気がする。
東先生ディスってるわけじゃなくてね…(東先生の観察眼は素晴らしいです)
なんかテンションがすごく近いものを感じるよ…(笑)



「るもえちゃんのブログは時々ひどいよ」
って苦情電話うけましてんwwww

まぁ主に下ネタがひどいらしいです。


いいじゃないか、下ネタ。
大人の日常なんて下ネタを入れていいのが特権じゃないか!


とまぁ自覚はあるんですが、

おっぱいネタも下ネタに含まれるのが解せない。


おっぱいは上半身じゃないか!

FxCam_1338705192732.jpg

おっぱいはあがめるものです。別枠にしましょう!

おっぱい!
おっぱい!



← マンガで分かる診療内科③ | Home | ゆゆ式、スタート。 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

下ネタといえば以前タイトルだけ書いた「ララピポ」は完全な下ネタ作品です
しかし、そこは奥田英朗!見事な心理描写と巧みな構成力でただの下ネタになってませんでした
下ネタも人間というものを表現する手段のひとつなのでしょう
この作品さすがに映像化は無理だろうと思っていたら、結構前に映画化されてました
しかも主演はかいと君こと成宮寛貴!



レス*れくと森本さん

奥田先生はたまにエロネタぶっこんできますけど、そこに心情や人間関係を入れてきますよね。分かります。
ララピポという不思議なタイトルに「?」と思ってたんですが興て味わいてきました!
しかもかいと君で映画とは~~!!
「重力ピエロ」も原作は原作、映画は映画でそれぞれ感動したので、こちらも両方制覇してしまうかも(^^)



Trackback

Trackback URL:
 Home