アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎

2013/04/23 10:16
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

もしも私に才能があって作家になれたのであったら、
伊坂さんのような文章を書きたい
この人の書き方は私の憧れだ。
読みやすいし、かつ軽くない。重量感はあるのにやわらかいし等身大だ。
ファンタジックな入りなのにリアリティで〆てくれるのもありがたい。

今回何と言っても川崎という謎の男が鍵であり魅了させられる。
こいつの考え方は私は短絡的だしご都合的だと思うけれども、自分の信念をしっかり持っていてその通りに生きていく様は実に素晴らしい。憧れる。
物語においても世間においても必要な人間なのだろうと思ったよ。

主人公のからみ方が実に運命的で心が温かくなる。
主人公なのにストーリーとしては脇役で、だけど現在と二年前をつなぐ唯一の楔だったかな。


すでに映画化済みの作品なので是非見てみたいなぁと思っているところです。



ブログの内容が薄っぺらだとくまこさんにお叱りの電話を受けるようになった…
「今日の話題期待してたんだけど。」
と言った具合。


なぜだっ

別に真剣に書かなきゃいけないもんじゃないだろう!?


私ブロガーじゃないんだけど!
コスプレイヤーなんだけど!!




つーたら
「コスプレはたまにだけど
ブログはほぼ毎日じゃん!」

と言われた。


う~む、
反論の言葉がない。

FxCam_1366601458839.jpg

「お金が発生したらプロなのよ。」
   ↓
ブログを書いたらブロガーなのよ?



← 波打ち際のむろみさん、スタート。 | Home | ガリレオ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

伊坂幸太郎作品には岩手、盛岡もたまに出てきますのでちょと紹介します
「砂漠」…仙台の大学生たちのお話。主人公が盛岡出身
「死神の精度」…短編集形式。東京から十和田湖に行くお話で途中、仙台と岩手に寄り道します
「モダンタイムス」…重要キャラに会いに主人公たちは岩手山に行きます ただしこれ「魔王」という作品の続編なので、その後で



レス

やっぱれくとさん伊坂作品全部制覇してるんじゃないですか!?
初めて聞くタイトルがたくさん!伊坂さん数多いのに!

伊坂作品はどれもブレはないですが特にお勧めがあったらぜひ教えてください。
今まで教えてもらった作品もすごくよかったので。
重力ピエロは永久保存作品ですv-353



Trackback

Trackback URL:
 Home