女どうしだもの いよいよ3年め

2015/08/31 10:40
FxCam_1440752247650.jpg
これ、3巻が出てるの知らなかったー!2009年の発行…大分前…;
女が多いデパートで働くえみこのコミックエッセイなんだが、等身大な感じがかわいいんだなー。

私から見るとえみこはかなり男好きで(モテているわけではない;)とにかく男を意識してる感じはちょっと引いちゃうんだが、その一方で
”好きな人が会社にいると出社する元気が出る”
”好きな人相手に一喜一憂してしまう”
”恋をしていると毎日に張りが出る”
という様子はやっぱりかわいらしいもので。

素敵な人をチェックする割には自分の生活には全く変化がなかったえみこですが、社会人3年目にしてついに…!!

と、一瞬(私が)喜んだのもつかの間、

社会人同士の恋にはいろいろあります。
いろいろ…


(まぁ、著者の森下先生は現在も独身女性エッセイを書いてるわけですから結末は知っていたけども、それでも)

そういったところの方が恋がうまくいったときよりもさらに共感してしまうという、ね…


私自身は男に振り回されるくらいなら一人(女同士)でいた方がずーっといい、という干物系的思考の持ち主ですが。やっぱり恋をしている女子を見るのはかわいいなぁと思ってしまいます。
それにしても子供の頃から恋愛に興味があって、おばちゃんになったら人の恋路を噂するという(デパートにはいろんな年代がいるのでえみこも大変な目に合いました…)ところを見ると、"男は成長する生き物だ"という言葉と反対に女は最初から完成されててそれ以上にもそれ以下にもならないのだなぁとか思った。
るもえブログはまだ続く。



 Home Next>>