わが身世にふる、じじわかし/芦原 すなお

2014/12/31 10:03
わが身世にふる、じじわかし (創元推理文庫)わが身世にふる、じじわかし (創元推理文庫)
(2007/01/20)
芦原 すなお

商品詳細を見る

今年の小説今年のうちに!

私が大好きな「ミミズクとオリーブ」シリーズ第三段。文庫で買いなおしてたわけですがこの作品でラストみたいです。全部集まって嬉しいような、読むのがなくなって寂しいような。
この不思議なタイトルですが、高齢男性が二人いなくなる事件がありまして"かどわかし"に対抗しての"じじわかし"という主人公の創作単語。相変わらずここの主人公はふざけてます。

河田さんは毎度めずらしい食材と事件を持って訪れます。

だからこそ変わらず
主人公の奥様の頭の切れること!
普通の主婦で、お料理がじょうずで、おっとりとした口調と正確ながら、事件は概要を聞いただけでざくざく解決してのだからかっこいいったらない!安楽椅子探偵の究極だと思います。

表題になった「わが身世にふる、じじわかし」もよかったし、常々河田さんがニューヨーク市警に転勤(笑)になったことは聞いてましたからやっとそちらを舞台にした「NY・アップル」なんかも読み応えありましたが、私は「いないいないばあ」が好きでした。遠い過去の記憶謎を大人になった今解くというのはロマンを感じます。

さて、ミステリももちろんですがこのシリーズのもうひとつの目玉といえば
非常に珍しい食材と郷土料理
です!もうまねをするのが不可能なみたこともきいたこともない食材をここの奥様が大変お酒に合いそうな品のあるお料理に仕立ててくれるのです!
食材も料理も凝っていてとても真似できる代物ではない。文章と想像でミステリなのによだれがあふれるのであった。
るもえブログはまだ続く。



 Home Next>>