クズの本懐

2017/05/26 07:03
はーやっとまとめ見終わった…辛かった…
原作が話題になってたのでかなり前から興味はあって、アニメ化ということで嬉しかったし楽しみだったんだけど
ここまでエグい内容だったとは。

そしてエロい。
これをノイタミナで放送した勇気。

エロかったら私が喜びそうなものなんだけど、キャラクターが全員病んでるんだよ。だからエロシーンもちっとも興奮しない、どころか「えぇー…ww」の連続だった。エロは楽しくてなんぼ!楽しんでなんぼです!

片思いが切ないというのは恋の醍醐味だと思うんだけど、恋をするって基本的には人間にとってすごくハッピーなことなはずなのに、こんなに嫌な思いばっかりの恋ってしてる意味あるのかよ。
花火に言ってやりたい!好きな人の恋愛対象になりたいならば、会話したりなんやらかんやらでアピールするよりも、とりあえず「好きなので考えておいてください」て言ったほうが確実に恋愛対象になる!どんなにアピールしても対象外は対象外だ。一応本人も途中で自覚してたけど、それにしても。

恋というきれいなものを自分の手で汚していくばかり。芯があるようで信念がないやつばかりなので、私は全編通して
茜さんが好きです。
大好きと言ってもいい。
社会の倫理に外れていても自分がしたいことをちゃんとやっている行動力が素晴らしい。
あざとクソビッチが豊崎さんボイスってのがもう…最強だろ‼こんな奴が存在したら私も男盗られる側だなー…
つか結局男はこういうのが好きなんだな!と全編通して思った。私も好きだけど。

こんなに混戦しててちゃんと着地点あるのかよと本当に心配してたんだけど、ラスト3話ですげー展開になって、びっくりするくらい綺麗に納得させられて終わった。茜さんと鐘井先生の今後が若干心配ではあるが。
麦が幸せになったら絶対許さんと思ってたのでそういう意味でも完璧なラストでした。


それにしても
アニメで胸焼けしたのはこれが初めてだ。
続きが気になるタイプだったのでまとめ見したのは正解でもあったけど、心が淀んで1日3話くらいが限界だった…。
映像が完璧だっただけについ引き込まれて見てしまうので、要注意。
るもえブログはまだ続く。



アイドル事変

2017/05/23 07:08
二次元も三次元もアイドル戦国時代。
そしてアイドルは企画である以上コンセプトが必要である。

出ました、
政治家アイドル


最近政界と芸能界を混同している人も多いのでそのうち本当に出てきそう…((((;゚Д゚)))))))

案の定議員よりもアイドルにウェイトを置いた活動だったが、OP含め劇中歌が
つんくさん作曲(本当)
モーヲタ残党の私としては毎週毎週アイドルソングが聞けてとても嬉しかった!
キャラ名は一人も覚えられなかったけど(笑)歌ってる最中の映像はかわいかったなー。歌での市民の洗脳っぷりがすごかった(笑)あと衣装もかわいかったぁー。


それにしてもアイドルと名乗っているがそれ以上に議員であるということは
奴らは全員25歳以上なのか…?
現役アイドルが加齢した以外にこの事実はアイドルヲタとしては受け止めきれない。アイドルは若くてなんぼ。若くてなんぼですわ。
るもえブログはまだ続く。



小林さんちのメイドラゴン

2017/05/17 07:09
京アニクオリティで見る日常アニメ
いやぁ~~『日常』も好きだったので久々にいい感覚。
でもただの日常アニメではなくて、トールの過去の設定がちゃんとあったうえでの今この日常、というのもよかった。楽しいアニメだったなぁ。ふふふ、わたしもちょろゴン。

メイドというのはパンチの強い職業なわけだが、トールが思ったよりも
メイド<ドラゴン
だった…ドラゴン感が強すぎる(笑)ドラゴンの尻尾って切っても大丈夫なものだったんだ…。

トールの小林さんへの盲目好きっぷりが可愛らしかったな。ドタバタな日常のなかで穏やかな空気と、でも割と早めに流れる時間が良かった。
百合もあるし!
おねショタもあるし!
ファフニールさんと滝谷君のこじれ男子の二人暮らしも可愛かったな~(BL的な意味ではなくて)


田村睦心さんのアップダウンのない小林さんの芝居がよかった~。
長縄まりあんぬの無表情キャラの芝居が珍しかったし、
あと高橋未奈美ちゃんのセクシーキャラというのも不思議な感覚。
京アニは声優の使い方が斬新だわ。


OPもEDもかわいくて最初から最後まで楽しみだった!日常アニメなので1クールでちょうどいいテンポだったけども、2期きたら嬉しい♪
るもえブログはまだ続く。



ピアシェ~私のイタリアン~

2017/05/12 07:08
5分アニメだったんだけど、お料理アニメだからか私的にはかなり楽しかったなぁ!絵柄もかわいかったし。

イタリアンって普段から親しんでるような感じだけど、改めてメニューや作り方を言われると目からウロコがぼろぼろと。
5分アニメだから仕方ないけど、もっと詳しい材料や作り方を見たかったぁ。せめて15分アニメに…っ

あとちょっとだけおねしょたがあってな。ふふふ。一応イケメンもいるんだけど、私には小学生男子の恋模様しか目に入らなかったぜ。

EDが毎回違うのがすげー凝ってて!毎週楽しみだった。
ほっぺたなんか落ち放題」って歌詞が秀逸!今年のアニメ界の流行語に!


5分アニメであっても米内佑希にレギュラーがあるとちょっとホッとするこの頃。
るもえブログはまだ続く。



昭和元禄落語心中~助六再び編~

2017/05/11 07:02
第二期も素敵でした!
これで全て完結、素晴らしかった。

菊さんと助六の出会いから、助六が死ぬまでをやった1期。そしてこの2期ではそこから後継の助六とともに晩年を生き、菊さんの最後まで。
石田彰の芝居力‼
この人恐ろしいな…年齢によって変わる菊さんの声は、何人もの声優が手分けして演じてるんだよと言われたほうが逆に理解できるほど。声質があっちいったりこっちいったり。
もちろん周りも素晴らしかったけども!山寺さんは言うまでもなく、落語家に弟子入りしている関智さん、個人的に落語が大好きでCDも出しているゆうちゃんなどで、今回もストーリーはもちろんだけど落語にも聞き入ってしまいました。落語に本気で笑ったり驚いたり。1本で2度美味しいアニメ。

1期では語られなかった助六とみよ吉の死の真相や、それと同時に助六落語を追うことになる様子は、人生の多面性と意外性をよくはらんでいた。ここだけちょっとサスペンスもあったりして。
人間って難しいですね。一つを手に入れると他のも欲しくなったり。一つを極めたいと思いつつも生涯を通しても極めたと思えなかったり。人からは十分に見えても自分はまだまだ飢えている。欲深いというよりも自分のあるものを正しく受け止めきれないが近いかなと思う。欲しいものと、手に入れれるもの(手に入れてるもの)って違うから。

人間模様がとても切なかったけど、それ以上に芸事に全てを捧げる落語家の生き様にはいろんなことを思った。生涯勉強し続けていく姿勢、素晴らしいし羨ましい。これこそ人生ではないか。

以前ブログにも書いたけどアニメ見ている最中に本物の落語を聞く機会をいただきまして、本物の噺家さんの話してる最中の人を引きつける魅力というものを肌で感じて本当に虜になりました。華があるとはこのことかと!目が離せなかったもん。
いつか新宿の寄せに行ってみたいです。


最終回でちょこっと出てきた小野友樹氏の落語、これも良かった~~~
もちろん先の4人にはかなわないんだけどかなり聞きやすかったです。もうちょっと聞きたかった!
るもえブログはまだ続く。



 Home Next>>