ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

2017/02/28 07:08
好きな割には毎度見るのが遅くなりまして。てゆーかこういう試合物はためこんでまとめて見たほうがより面白くないですか?正味な話。
それにしても今回全10話とちょっと短めとはいえそもそも3期、5クール目ですよ!ありがたいことですね、ありがたいことです、ありがとう。
今回はサブタイどおりきっちり白鳥沢との対戦、1話から10話まで体育館にいたなー(笑)

作画崩壊もなく、動画ぬるぬる。
しかも見せ場はスローモーションで劇画調にする演出がたまらなくぞわぞわする。
ツッキーが覚醒して、しかもチームの中心となって指示を出す場面が多々あって本当にかっこよかった。それと個人的に山口くんの活躍というのはどの場面でも胸を打つ。

日向はもちろん常にかわいさMAX。村瀬君のお芝居の、「わっ」「ぎゃっ」といちょっとした感嘆符ついちゃいそうな叫び声が妙にリアルでたまらない。そういうシーンだけすでに何度も繰り返してみてる(笑)影山くんの「場所変われ!」とかね。あとツッキーにハイタッチしようとしてさけられて急停車できずに画面から走り去るシーンは神。

烏野が好きなのはもちろんなんだけど、白鳥沢の面々も本当に個性的で。特にやはり牛若の存在感というのは圧倒的で。烏野びいきの私ですら「あぁ、白鳥沢に勝って欲しい…」とちらっと思ったりする場面が何度もあった。
本当に最後の最後までどちらが勝つかわからずに、最後の日向の速攻が弾き返されてからのシーンは呼吸も忘れるほど真剣に見てた。

ハイキューは意外と「勝ったー!」「負けたー!」のシーンをわざとらしくやりすぎないところが好感持てます。
ずっと思ってたんだよ、スポ根漫画で勝ったチームが大喜びするのって、負けたチームに対してすごく残酷だなって。
もちろん勝ったチームの喜びと、負けたチームの悔しさはきちんと描かれていてそれぞれに色々考えさせられるんですが、そこだけで終わらないっていうのがね、いいですね。烏野3年生の涙、私も泣きそうでした。

そしてそれからの、あのラスト。
「えっ…」って私も日向と同じ表情になりましたよ。
確かに今までのことを考えれば当然といえば当然の結果だけど、だけどまさか今こんなこと言われるなんて…
あのセリフで終わった今シーズンの勇気(笑)
4期はいつだ!?


ちなみにベスト・オブ名場面は菅原さんの手を握った潔子さんと、それをとりまいてわちゃわちゃした烏野メンバー(笑)
潔子さんの姫ポジションが無敵過ぎるぜ!
るもえブログはまだ続く。



オカルティック・ナイン

2017/02/24 07:08
志倉千代丸節だったぁ。
特色強いなぁ。
OPの伏線はかなり好きなんだけど。

200人以上の集団自殺とかオカルトよりもサスペンス風で、人数の多さもかなりワクワクしたんだけど、
さすがにだんだんめんどくさくなった…(笑)
りょーたすの明るさだけが救いだったのに、それすらなくなる回もあり。
サライももうちょっと活躍してもよかったのでは。単にブレーンで終わってしまったけど、博士の息子というポジションは本来はかなりおいしかったはずww

主人公が鍵持ってうろうろしたり、ファイルを解読しているあたりが一番面白かったなぁ。やはりシュタゲを見た後だとオカルトに見せかけて解明する、という流れをついつい期待してしまってたかも。

主人公はかなりウザい中二病だったけどなかなか嫌いじゃなかった。梶くんがこういうおどおど系のダサい主人公やるの久々かも。

ヨスガ兄妹がいてすげー期待してたのに!もっと!もっと主人公たちと絡んでほしかった~~;
結局悪魔の存在意義がわからんかった。だれか説明して。
るもえブログはまだ続く。



舟を編む

2017/02/20 07:01
ノイタミナ枠でした。
私「船を編む」は原作も読んだし映画も見たけれど
アニメが一番面白かった。
私がヲタクなのでアニメ贔屓をしてるということもまったくないのかもしれないが客観的にもこれが一番できが良く、かつ"辞書を作る"ということをよく分かっていた。

とにかく長い年月がかかるという作業なわけだから、月日の経ち方やキャラクターの年のとり方を表しやすいアニメはぴったりだった。
そして何より評価したいのが
言葉の海の表現方法
轟々と流れ行く文字と広い海。言葉の偉大さがよく出ていて実に心にしみた。主人公は大変難しいキャラクターであったけれどもそれを櫻井さんが演じてくれたのも大変素晴らしい。この人の役の幅が広すぎる。

今頃原作読んだり映画をみたりするくらいならまずこれを見よ!
最初から最後まで綺麗にまとまっていて、かつ人生論についても考えさせられるとてもいい作品です。もっとたくさんの人に見て欲しい。原作も映画も勧めれないが、これだけは自信を持っておすすめできる大人のアニメーション。
るもえブログはまだ続く。



DRIFTERS

2017/02/17 07:19
私の事前の期待値が高すぎたのも悪かった…それは認めるが…
演出に若干の不満…。

原作がかなりストーリーが入り組んでるしアクション多いしキャラクターも濃すぎるので、それがわかりやすくなるんだと思ったら、
展開の速さがある意味原作通り…
ついていけん&ついていけん
エルフの村を燃やしたシーンや、オルミーヌの札で石階段を作るシーンはもっとゆっくりじっくりじらしてドリフターズたちが何かすごいこと企んでるぞ…企んでるぞ…からのどかーん!!という演出があってもよかったのではないか。確かに動画はすごかったのでアクションはかっこよかったが(しかし作画は途中一度力尽きてたぞ)

中村悠一の芝居力に屈服
今回こそ本気でこの人すげぇなって思った…九州弁も全く不自然じゃないし、てゆーか豊久ってこんな声だったんだ!こんな喋りだったんだ!ってスッと受け入れることができた。
与一の斎賀さんはもちろん素敵♪

アニメで見ると菅野直がめっちゃかわいいキャラクターだった(笑)ちょっと株上がった。

OP&ED共にめちゃくちゃかっこよくてDRIFTERSの異世界感と緊迫感をよく表してくれました。
2期決定、ですよね!?
次回こそ黒王がもっと進軍してくるでしょうから、もう少しペースをゆっくり…ww
るもえブログはまだ続く。



おくさまが生徒会長!+!

2017/02/14 07:00
1期見てないが2期見た。
まぁこれはね、ストーリーがどうこうじゃねーから!女の子のかわいさを堪能するだけのアニメだからさ!1期見てなくても大体状況は分かるんだよ。おくさまが生徒会長なんだろ、わかります(笑)

それにしても
10分弱のアニメでここまでエロいとは。
とりあえず競女よりは遥かにエロかった。
あんまりエロいので久々にエロ目でDVD買ったろうかとマジで思った。津田ちゃんに竹達さんにワイフちゃんの声がまた。あああああ(壊)
もちろん放送では一番見たいところはきっちり隠されてるわけですが、その隠し方も上手い(笑)ひよこだけじゃなく唐突に始まる『奥様劇場』の存在、素晴らしい。

このアニメはつまり
興津さんの公開辱めプレイ。
2次元も3次元も美女に囲まれて追い込まれる興津さんを思ってニヤニヤする楽しみ。
るもえブログはまだ続く。



 Home Next>>