服を着るならこんなふうに(1)

2017/08/19 07:04
FxCam_1497751252444.jpg
話題だったので読んでみました。
服のセンスのない私には耳の痛いことばかり…orz
いやいや、反面納得もさせられましたが!
やることなすことお兄ちゃんと一緒!(笑)作者も巻末で「おしゃれをすると笑われてる気がする…」と書いてて、分かる!って思った。私も服を買う金があったら一冊でも多く漫画を買いたいし(進行形)、センスのない人間が頑張って着飾ったら逆にゴテゴテでセンスがないのをより強調しそうで…

センスのない人間はつい「かっこいい服=トップス」ばかり買ってしまいがちで、実際私のクローゼットも圧倒的にトップスが多いのだが、基本は下だったー。言われればもう完全に納得のアドバイスなんだけど、なんとなく頭のなかにぼんやり引っかかっていてきちんと言葉にしてくれる人がいなかった。
地味な人間が黒を着ると完全に葬式帰りになるかと思ってなかなか手を出せずにいたが、これからは黒の服も怖がらずに着よう。

ホントは分かってたんです、センスがあるない以前にまず努力をしなければいけないと。努力をしなければ直しようもないと。勉強やスポーツと一緒ですね。もうちょっと、もうちょっとがんばってみるか…!
ゆっくりペースで2巻を買います。
るもえブログはまだ続く。



逆境無頼カイジ

2017/08/18 07:17
先月末の話だが期間限定でニコ動で無料一挙放送してたので、「そういやカイジって原作は読んでるし映画も見たけどアニメは見てなかったなぁ」と思い出しいい機会なので全部見ました(2クール分なので追われたー)

10年前のアニメですが、やはり当時からビックネームだった感じもあってかなり気合い入れて作ってましたね。CGの使い方もうまかった。
ストーリーも原作通りなので「これぞアニメ化」って感じでした。限定じゃんけん~ブレイブメンロード~Eカード~ティッシュ箱くじまで全部やった。原作読んでて内容知ってる私もつい夢中になりまして。やっぱ限定じゃんけん面白いなぁ。

カイジの声が俳優の萩原聖人さんなんですが、これが意外といいんです。キャラにもあってるし、芝居もいい。芸能人がアニメの声をやるとかなりの場合盛大なひとりごとになってるんだけど、最初はちょっと違和感あったんだけど後半になるとどんどん芝居がこなれて全く何も思わなくなる。芝居と声の芝居は違うのにすごいなーって思った。

ナレーションが立木文彦さんなのも緊迫感を煽る煽る。


鉄板土下座、アニメで見るもんじゃない…
マジで怖かった…
るもえブログはまだ続く。



働かないふたり(3)

2017/08/17 07:07
FxCam_1497403604124.jpg
兄と妹が働かずに家にいるだけなのに、なぜこんなに読まさるのか不思議。
兄妹がほほえましいのは絶対あるが…妹のコミュ障と時々出る働いてないことへの後ろめたさとそんなときでも可愛らしさで相殺されているのかな(自分でももうわからん)

丸山くんの妹への興奮ぶりは正直共感する(笑)妹ってだけでもかわいいのに春子ちゃんのほっとけない感がたまらん!
そうそう、たまに言わないと忘れるけど兄は守(まもる)、妹は春子(はるこ)という名前がちゃんとある。忘れがち。

お隣のOLさん倉木さんに大きな展開が!
働かない二人の知らないところで大きなドラマが起きている。
働いていなくても知らず知らず社会に組み込まれている。それが人間。
倉木さんはもちろん良かったねって思うけど、人見知りの春子ちゃんにも良かったねって思う!これでまた家族と丸山くん以外にしゃべれる人が…できたらいいな(まだまだこれから)
るもえブログはまだ続く。



北欧女子オーサが見つけた日本の不思議

2017/08/16 06:52
FxCam_1497355567279.jpg
コミックエッセイの枠なのですが、4コマになってます。
タイトルにもある通りスウェーデンから来た日本と日本の漫画が大好きなオーサちゃんが、日本の滞在記を語ります。

この漫画の何がスゴイって
漫画もオーサちゃん本人
すっごく絵がかわいいから漫画だけプロが書いてるパターンかと思って読み始めたら、ちゃんと自分だった!絵柄が可愛いので読みやすい~♪

外国人から見た日本の文化の以外な苦労にはびっくりします。
じゃんけんが早いとか。そういわれたらそうかも…子供の頃からやりなれてるし。小学生のじゃんけんのスピードは日本人でもビビるもんなww
スウェーデンでは大人はじゃんけんではなくてクジで決めるって言ってて、他の海外ドラマでも確かに見たことあるけど、クジに使う棒って持ち歩いてんの??


どちらかというと私は、日本暮らしが板についたオーサちゃんがスウェーデンに里帰りしたときの、逆カルチャーショックと逆ホームシックが面白かったです。
そうか~日本はこう見えてるのか~とか、この食べ物は海外の人にはウケないのか~とかそういうの面白かったですね。
オーサちゃんの
「日本で○○○を食べた!」(あえて伏せるが私も食ったことある)
の宣言を聞いた後のスウェーデン人家族の反応はしょっぱかった…私も海外では言わないでおこう。
るもえブログはまだ続く。



つぐもも

2017/08/15 06:47
一部ではビックネームだったようですが私は今回のアニメ化で初めて知りました。
漂う90年代テイストがなんともいえない味わい。世代ですから~。

エロが意外と過激。セリフも思いの外過激。むけてるかむけてないかの会話多い(笑)
その会話を女性声優にさせるのがすごい!
とゆーか、ニャル子さんしかり奇異太郎少年しかりハーレムの中心が女性声優ってのはいいよね‼男性声優の「なんでお前がモテるんだよw」感が全くないし、そこはかとなく漂う百合感(おそらくこれは考え過ぎ)いいなって思った!最近三瓶由布子ちゃんと生天目さんは少年役ばかり(笑)

幼女と風呂に入っているように見えましたが、実際には単なる帯なのでセーフです


最後まで見てたけどタイトルの「つぐもも」がどうもピンとこなかったんだけど。説明求む。


これで一応春アニメの感想は一段落つきました。
るもえブログはまだ続く。



巴マミの平凡な日常(4)

2017/08/14 07:03
FxCam_1496821310073.jpg
今までも一人で焼肉行ったりバスツアーに参加したりしていたマミさんだが、今回は
一人ビアフェス…
もはや勇気あるとかの段階ではなくて…いや、別にいいんだけど…(多くは語るまい)
家ではだらけファッション、誰かが来たときだけ慌てて服かぶるとか、ハマったメニューは毎日食べちゃう一人暮らしごはんとか、もはやアラサーとか女子力とかの話ですらない。共感はめちゃめちゃするが。


魔法少女歴も15年を超えると(人生の半分以上魔法少女)
魔法を使って儲けようとする
発想がゲスいのが逆にリアルっていうww

しかも今回、魔法少女ならではの究極大ピンチが!
覚えていますか?魔法少女の本体はソウルジェムであることを…!
そのソウルジェムがなくなったとき、アラサーはどう対処するのか!
「えぇー…それでいいの…!?」
と思わずビビる、超ベテラン魔法少女の対応に、久々にこの漫画がまどマギのスピンオフであることを思い出させてくれた(笑)
るもえブログはまだ続く。



キラキラ☆プリキュアアラモード&仮面ライダーエグゼイド

2017/08/13 10:16
ビッグサイトで行列作ってる皆様おはようございます。
開場までホイップ!ステップ!ジャンプ!は心の中で!

夏といえばコミケ!もありますが、音楽業界はフェスですって。フェス。私は一生参加しないであろうイベント。
以前登場したミサキさんがメインステージをするフェスにあおちゃんのバンド ワイルドアジュールも滑り込みで参加できることに!あおちゃんのお供に執事の水島さん再登場!朝8時半から佐藤拓也ボイスー!
あおちゃん回だとあおちゃんが歌を歌ってくれるので好きです。あおちゃんの声優さん歌い方かっこいい!

憧れのミサキさんと同じステージに立てることに浮かれて、サインもらったりと完全にファンと化すあおちゃん。これはいかん。同じ音楽を演る人として同レベルで扱っていたミサキさんのがっかり感が伝わる。

しかもミサキさんのステージと時間がかぶって、向こうはお客さんぎゅうぎゅうで大盛り上がりなのにこちらはまばらでいつものお客さん。しかもレジャーシート敷いてる人もいるし…(でもラブライブμ’sの初ライブよりは人いる)
メンバーの
「音楽は勝ち負けじゃないし」
「俺達は俺達の音楽をやるだけ」
というお互いにお互いを慰めあっている言葉が辛い…
もちろんそれはそれで間違っていないんだけど、だとしたらそれは趣味でやってる人であってステージに立って人に聞かせる音楽をやりたいとしたらここは悔しいと思うべきところなんだよなぁ。ミサキさんなんて大人気バンドと肩を並べるなんておこがましいって気持ちなのかもしれないけど、謙虚なことと負け戦は違う

あおちゃんのステージを見るために急遽フェスに参加した5人。ゆかりさんは日傘をしっかりと。
ミサキさんのステージは大入りでしたが、フードスペースは割と閑散としている(笑)(実際のフェスはコミケの次くらいにギュウギュウと聞いておりますが)(←けいおんで見た)

「あおちゃんを元気づけるためにスィーツを作ろう!」
といういちかの気遣いが逆に心をえぐるんだが。”かわいそうな人を慰めてあげる”ってすげー上から目線の行為な気がするのは私が卑屈な人間だからか?本当に友達だったら一緒に受け止めてそばに居てやれ。

あおちゃんが泣いて出ていったときも誰もすぐに追いかけないとゆー…ww

あおちゃんの
「なんだこの気持ち」
っていう思いがすごく良かった。子供の頃は善と悪に別れてても、中学生くらいになるともう状況も気持ちも綺麗な二分化だけではすまないものだ。ミサキさんに憧れるという気持ちと、自分の音楽をもっと伝えたいという気持ちは別の所にあるべきだから。

そこをつけこんでジェラートを乗っ取るエリシオ。やるな!敵の中はかなりいい作戦を打ってくる。
動きがなんだか妙に怪しげで、しかも平川さんのセクシーボイスでエロさ爆発。まだ朝8時45分ー(笑)

ジェラートが暴れているところに駆けつける変身済みの5人。変身シーンはしょられたぁ。
「そんなのあおちゃんらしくないよ!」
というホイップの言葉にショックを受けるジェラート。おそらくこう思ってたに違いない…

本名呼ぶな

変身後は変身後の名前でね!

そこから改めてキュアジェラートの変身シーン。久々に長く見れて嬉しいし、夏には涼しげ。ジェラートがジャケット着るシーンがかっこいい。

最後にミサキさんへの差し入れにクジラグミ。
かわいくて涼しげだが
差し入れがグミ1個て。
るもえブログはまだ続く。



まけるな!! あくのぐんだん!

2017/08/12 07:06
徳井青空ちゃんのプロフィールに「声優・漫画家」とあったのが半信半疑だったのだが、本当だった。絵かわいいわ~。5分アニメにちょうどいい。

5分アニメなのに声優の豪華さ異常
玄田さん、勝平さん、石田さんて!!
キャラも全員愛らしい。ドン様のドジぶり、ペプちゃんの天然ぷり、チクちゃんの頑張り屋さんぶりが微笑ましいわ~
地球侵略という定番ストーリーからの、結果みんなでアパート借りるというほっこりぶり。でも鷹の爪団よりはちゃんと行動する(笑)

ナレーションも毎回人気女性声優が入れ替わり立ち代わりで豪華!そらちゃんも来るのかなと思ったがさすがにそこまではなかった。

2期やるなら是非E放送テレで!
グッズもっと展開してほし~!
るもえブログはまだ続く。



ふだつきのキョーコちゃん(2)

2017/08/11 07:10
FxCam_1496447368953.jpg
いつぶりの2巻(笑)
久しぶりすぎてキョーコちゃんのリボンの設定忘れてた(笑)(←一番忘れちゃいけないとこだろ!)(←兄妹がイチャイチャしてるとこしか記憶にない)

あれだけバリアフリーな日々野さんが破滅的に料理が下手という設定をぶっこまれて、いやいやこれはさすがに石鹸すぎるでしょと思ったら
い~い方に転ぶんだなー!

全体的にやはり兄が過保護すぎて、キョーコちゃんの問題はキョーコちゃん自身が打破しないとだめなわけで。日々野さんのクッキーの件も、そして岩原さんの件も、キョーコちゃんが少しずつ兄以外の人と接点を持てるようになるのはほほえましい。
ここでリボンのちからを逆に使うというのもなるほど!と思えた。

2巻から新キャラ ウリウリ登場
最もアニメ化でも狙ってそうなキャラクター。
普通に犬や猫ではだめですか。
るもえブログはまだ続く。



石の森/三浦綾子

2017/08/10 07:08
FxCam_1500415271072.jpg
三浦綾子の世界感は他の何にも変えられないな。文章力がすごく高いわけではないはずなのに(実際不要の表現はポロポロあるが)繊細な少女の心の揺れ動きを事細かく的確に言い当ててる。
私もね、心身ともにかわいかった少女の頃があったのですよ。その時こんなこと考えたなぁって。

少女の世界は狭い。
家族、学校、友達、好きな男性
せいぜいこのくらい。ここで重要なのは意外と「自分」が入っていないこと。みんなと仲良く浮かないようにするのに一生懸命で、本当の自分が確立するののは時間がかかるのです。
そのどれか一つでも均衡が崩れると居場所がなくなって、居場所がなくなると自分もなくなるに等しい。自分の居場所はここだけじゃないと知るのはずっと先だから。

大人になっても家族って大切な存在だけど、その家族が自分の知らない世界があるってすぐには受け入れ難い。とくに芳しくない秘密は。
親にも過去があると、頭では分かってても気持ちが納得してない部分がある。

こういう思春期のぐらつきが全て文字で記されているので、この本を読んでいる間だけ私も10代の繊細な気持ちをぐいぐい引き戻されました。
あの頃死ぬほど辛いと思っていたことは、今は全てがアホみたいだ
年をとると経験が増えて、ちょっとやそっとのことでは動じなくなるし卓越できる。意外と悪くないのです。
るもえブログはまだ続く。



 Home Next>>